遅延型食物アレルギーの症状は?

【あなたはどれ?】遅延型食物アレルギーの症状は大きく分けて7つ!

こちらは遅延型食物アレルギーに良くある症状です。
大きく7つに分類しました。

 

1消化器系、
2精神神経症状、
3皮膚症状、
4呼吸器系、
5泌尿生殖器系、
6泌尿生殖器系、
7その他

 

いろんな組み合わせで人それぞれ症状が違うのでとても厄介です。
複数当てはまるなら、遅延型食物アレルギーの可能性があります。

 

アレルギーをおこす原因の食べ物には「毎食連続で食べている物」が多い場合があります。

 

自宅で簡単に調べる方法もありますので、是非チェックしてみて下さい。

 

 

  • 1.消化器症状

●消化不良 ●過敏性腸症候群 ●腹満感 ●便秘 ●下痢 ●ガスがたまる ●腹痛 ●吐き気 ●体重増加 ●セアリック病など

  • 2.精神神経症状

●不眠 ●不安神経症 ●慢性疲労 ●頭痛・偏頭痛  ●情緒不安定 ●うつ ●頭重感 ●集中力低下など

  • 3.皮膚症状

●かゆみ ●アトピー性皮膚炎 ●湿疹 ●ニキビ ●ふけ ●じんましん ●肌荒れ ●多汗 ●目の下のクマ ●肌のくすみやしわ

  • 4.呼吸器系

●鼻水 ●鼻づまり ●慢性副鼻腔炎 ●咽頭炎 ●ぜんそく ●慢性咳など

  • 5.泌尿生殖器系

●頻尿 ●尿意切迫 ●ほてり ●夜尿症(小児) ●生理痛 ●月経前症候群 
●膣のかゆみ ●おりものなど

  • 6.節骨格系

●筋肉痛 ●だるい ●関節痛 ●関節炎 ●自己免疫疾患 ●リウマチ

 

  • 7.その他

●不整脈 ●高血圧 ●倦怠感 ●口内炎 ●むくみ ●ドライアイ ●涙目 ●低血糖 ●胸痛 ●頻脈 ●発達障害●こどものメンタル不調(注意力欠如・多動症・自閉症)

 

おすすめ記事:ゼロ円!簡単!自宅で遅延型アレルギーを調べる方法』をご覧ください。
おすすめ記事:遅延型食物アレルギーとは?