【遅れてくる食物アレルギー症状】長引く頭痛、腰痛の原因、便秘、アトピー性皮膚炎、関節痛、疲れに自宅検査がおすすめ!

長引く頭痛、腰痛の原因、便秘、アトピー性皮膚炎、関節痛、疲れには遅延型アレルギー検査がおすすめ!

 

長引く頭痛、腰痛、便秘、アトピー性皮膚炎、関節痛、疲れ、不眠症、下痢、発疹、目のかすみ等の症状はありませんか?

 

原因不明の不調は遅れてやってくる食物アレルギー(遅延型食物アレルギー)が原因の可能性があります。

 

メディカルライフ研究所という機関の調査では、

 

 

なんと、日本人の7割以上が『長期的な不調症状を認識』していて20代前半の若者でも6割以上が不調と感じているという残念な結果が出ています。

 

 

長引く体調不良の正体

 

長引く体調不良の正体・・・・
それは『遅延型食物アレルギー』のせいかもしれません。
食物アレルギーというと、
食べてすぐにじんましんがでたり、息が苦しくなったりという症状が思いつきませんか?

 

食べてすぐに症状が現れるアレルギーは『即時型アレルギー』特定の食物が発見しやすいのが特徴です。

 

しかし・・・

 

食べてすぐに症状が現れないアレルギーがあります『遅延型アレルギー』
といって、原因となる食物を食べて、
数時間から数日後に症状がでるのです。
そのため、いったい何が原因なのか非常にわかりにくいんです!

 

どうして食物アレルギーになるのかはこちらをご覧ください。

 

 

健康食がアダになることもある?

 

毎日健康のために食べていたものが実は自分の不調の原因だったという事もありえます。

 

私は、検査キットをネットで購入し、セルフで検査した結果、卵と乳製品に強い
アレルギー反応が出ました。小麦も中程度のアレルギーです。

 

アレルギーだと知らずに毎朝健康のために、かかさずR1ヨーグルトや目玉焼きを
しかも多めに食べ続ていました。

 

このように毎日食べるとアレルギーになりやすくなってしまいます。

 

不調の原因がわからない理由

 

更に私たちを惑わせる理由は、
一見食べ物のアレルギーとは思えない症状ばかりだからです。

 

こちらは、遅延型食物アレルギーの症状です。

 

  • 腰痛
  • 頭痛
  • めまい
  • 肌荒れ
  • 肌のかゆみ
  • 肌のできもの
  • むくみ
  • 目の下のクマ
  • 便秘
  • 関節痛
  • 下痢
  • 喘息
  • 過敏性腸炎
  • うつ
  • 高血圧
  • 生理痛
  • 目のかすみ
  • 眠気
  • 生理不順
  • 慢性疲労
  • 集中力が無い
  • 不妊
  • 咽頭炎

 

どうでしょうか?
体調が悪いのは、疲れがたまっているせい、老化のせい、ストレスのせい
と思いこんでしまいがちな症状が並んでいますね。
実際に私もそう思っていました。

 

自分が食物アレルギーだとはなかなか思わずに長年原因にたどりつけない方
がほとんどのようです。

 

たくさん症状があって、症状の現れ方は人それぞれ。
病院に行くまででもないし…という軽い症状の方もいれば、
生活や仕事に支障をきたすほど重い症状の方もいらっしゃいます。

 

腰が痛いから整形外科を受診し、皮膚のかゆみは皮膚科、
鼻炎や花粉症は耳鼻科、長引く咽頭炎は内科など症状に合わせて専門家を受診しますが、
実はそれぞれの専門科診療では解決しない可能性があります。

 

私は激しい関節痛や慢性疲労etc.で、
ワラにもすがる思いで2年間、整形外科や脳神経外科、耳鼻科、内科、胃腸科内科、
総合病院でもリウマチ膠原病内科で検査をしましたが、結局原因はわかりませんでした。

 

『 遅延型食物アレルギー 』 の認知度は低く、病名さえ知らない医者がいるのが現状です。

 

 

おすすめ記事: 家庭だけでできる!遅延型アレルギーの治療法(予防法)

 

 

 

おすすめ記事: 家庭だけでできる!遅延型アレルギーの治療法(予防法)

 

遅延型食物アレルギーは自宅で簡単に検査できます。
この機会に困らせている原因を特定しませんか?


IgG 96 スタンダード・フード・パネル[日本]