遅延型食物アレルギーと向き合って8年 検査で長引く体調不調が回復

遅延型食物アレルギーと向き合って8年 検査で長引く体調不調が回復

 

こんにちは管理人のごまです。

 

遅延型食物アレルギーと向き合って8年がたちました。

 

2年間いろんな病院に行って、様々な検査をましたが、これといった異常がつからず・・・

 

どの病院でも結局原因がわかりませんでした。

 

健康診断などの検査では何も問題が見つからず、いたって健康体そのもの。

 

毎日9時に就寝し、5時半に起床しますので規則正しく、

 

十分休んでいるはずなのに1日中疲れが取れず、身に覚えの無い関節の激痛、

 

などが続きました。

 

これといった治療もなく・・・苦しい日々を過ごしました。

 

もし「遅延型食物アレルギー検査」に出会ってなかったら・・・

 

考えるだけで本当にぞっとします。

 

今は、アレルギー食物をうまく避けながら楽しく元気に過ごしています。

 

『遅延型食物アレルギー』 は認知度が低いためわからない医師がたくさんいます。

 

健康診断や、血液検査、MRI、エコーなど様々な検査をしましたが、

 

結局原因はわからず、治療はしてもらえませんでした。

 

症状は人ぞれぞれです。

 

私の場合は、

 

慢性的に疲れが続き、咽頭炎、関節痛、偏頭痛など様々な症状があります。

 

見た目にはわからなかったため、理解をしてもらえず、

 

会社からも家族からも理解もされず、

 

仮病扱いされつらい日々を過ごしました。

 

ひとりでも私と同じような方を手助けしたい

 

そう思い、このサイトを立ち上げました。

 

遅延型アレルギー検査については、アレルギー団体から

 

「食物抗原特異的IgG抗体検査を食物アレルギーの原因食品の診断法としては推奨しない」

 

との見解が発表されています。

 

遅延型アレルギー検査を希望される方は各学会の見解もふまえたうえで受診されてください。

 

しかし、実際に地獄の日々を送ってきた私自身が、アレルゲンを抜くことにより

 

体が楽になり、元の生活が送れるようになったのは事実です!

 

私は遅延型食物アレルギー検査で人生が救われました。

 


IgG 96 スタンダード・フード・パネル[日本]

 

 

まさか・・・

 

毎日健康のために食べてヨーグルトが・・・

 

毎日お弁当で食べてた卵焼きが・・・

 

大好きなうどんが・・・

 

原因だったなんて一ミリも思いつきませんでした。

 

お医者さんもわからない事なのでしょうがないですよね。

 

ただひとつ注意して頂きたいことがあります!!

 

自分のアレルギーの食物を発見したあとは、

 

『アレルギーの食物をぬけば、体調が良くなる』と思うかもしれません。

 

でも、それじゃ栄養不足になるかもしれません。

 

アレルギーを抜く代わりに今までとっていた栄養素を、かわりの食物で補う必要があります。

 

その食材を抜くだけではなく栄養バランスを見て、何が不足しているか?取り過ぎている食物はないか?と

 

注意する必要があるといえます

 

遅延型食物アレルギーの症状は人それぞれです。

 

私の体験談はあなたの症状とはちがう場合があります。

 

一つの参考として頂けるとうれしいです。

 

 

上記検査キットの購入画面で

 

「医療従事者のみ購入可能」となっていますが、

 

個人でも購入して自宅で検査可能です。

 

  この画面↓↓↓↓↓